PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ムツキ、リィドの依頼

とんぼです(●)´`・)

ナギ、カルラ、クオン、ムツキ、リィドを全て0組に編入させると
次の周回にて強力なアクセサリが手に入るので
攻略情報見ながらがんばりました!

ただし、ムツキ、リィドに関しては頼まれる依頼の推奨レベルが高く苦戦。

ムツキの依頼はモルボルLv50を倒してダークマターを入手すること。
レムがLv30程度あり、ブリザドBOM連発すれば倒せるとのことですが
いまいちコツがつかめず、4~5回は失敗。
何度か失敗しながらタイミングをつかみ
ブレイクサイトも狙えるようなった頃にクリアできました。

リィドの依頼は、アルテマ弾投下地にいって玄武兵の手記を入手すること。
アルテマ弾投下地や道中の玄武クレバスのモンスターはのきなみLv70以上。
だいたいは無視すればいいのですが、何度かは強制戦闘あり。
ケイトにアボイドをつけて、無理に攻撃することを控え
ブレイクサイトのみを狙って攻撃を続けることを繰り返していましたが
だんたんと慣れて来て、問題なく操作できるようになり良かったです。

tonbo_121.jpg

tonbo_122.jpg


これで問題なく、全ての生徒を0組に編入させることができました(o´ω`o)

以上! したらな!!

| FF零式 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第六章「死の大地 カリヤの決断」

とんぼです(●)´`・)

パーティを二手に分けたので、両方終わったら第五章終わりかなと思いきや
まさかの2組目は第六章でした。
なかなかタフな戦いになりそうです。





■ビッグブリッジ突入作戦

前回のジュデッカ会戦に分けた3人のメンバーで攻略。
作戦前の準備タイムにて驚愕の出来事発表。





「クリスタルジャマーのせいで、レムは戦えないぞ。」









…えっΣ( ̄□ ̄;)

こちらのメインをレムにしちゃったんですけどー!
事前に教えてほしいです(´・ω・`;)

仕方なく、少しだけレベルを上げたサイスとセブンを軸にするのですが
いかんせん、推奨レベルが32なのにセブンは28、サイスは20。

これ詰んだんじゃないかなと思いながら作戦を開始すると
「ジュデッカ会戦に参加したメンバーから5名呼ぶことを許可する。」
とのお達しが。おかげで詰まずにすみましたw

ということでシンク、ケイト、レム(出撃出来ない時はサイス)で出陣です。
敵勢は白虎が中心なので、魔導アーマー類はスピードが速い速い。
シンクにファイアRFをつけて攻撃したりもしてましたが
数が多いとMP切れしてしまうので、ケイトで狙撃したりと
キャラチェンジもだいぶ板についてきてスムーズに進軍できました。

ボスはまさかのギルガメッシュ。
しかもブレイクサイトしかダメージを与えられないうえに
ブレイクサイト時に与えるダメージが一定な感じがします。
となると攻撃の遅いシンクは厳しいので、
ケイトを軸に戦うことに。

勝手に魔導銃がチャージされて
サイト狙いのタイミングがズレることもありましたが
時間をかけてなんとか撃破。

その後は、ルシ・セツナが秘匿大軍神アレキサンダーで白虎を一網打尽に。
朱雀軍の召喚獣、チートレベルの強さです;
しかし、セツナはここで使命を果たし輝石に。
他国のルシはまだまだ健在なのに、朱雀のルシはシュユだけというのは危険なような。
…と、ここで第六章終了です。

次回よりは第七章。
最終章まで残り少し。
2周することで謎が解けることが多いので
1周目にやるべきことは取りこぼさず、早めに1周目をクリアしていきたいと思います。





以上! したらな!!

| FF零式 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第五章「第一次ジュデッカ会戦」

とんぼです(●)´`・)

全八章のようなので、いよいよ折り返しとなった第五章。
スタメンのレベルは足りているので、どんどん進めていきます。





■エイボン奪回作戦

久々のエリア制圧戦。
初めの方にあったチュートリアル以来な感じがします。

この制圧戦に向けてこまめにチョコボ繁殖をしていたので
アタックチョコボやカミカゼチョコボなどを惜しみなく使って戦います。

その甲斐あってか、初のSランククリア。
評価画面を見てなんだか嬉しくなってしまいました(o´ω`o)





■ジュデッカ会戦

マキナはどこかに行ってしまったようで作戦には不参加。
13人のメンバーを10人と3人に分けて作戦に臨むようです。
レベルが突出して高いのが、シンク、ケイト、レムの三人なので
レムに少数精鋭の方を任せ、ケイトとシンクをメインにジュデッカ会戦に臨みます。

今までにしっかりとレベルを上げていたこともあり、さくさくと進めることができます。
だいぶ操作にも慣れてきて、ケイトの遠距離攻撃がとっても便利。
シンクの攻撃モーションの遅さに慣れてしまっているので
ケイトだとブレイクサイトやキルサイトを簡単に狙えます^^

問題なく進み、ボスのホシヒメ戦へ。

とりあえず攻撃を避けて、避けてブレイクサイトをと思っていると
回避のつなぎ目に雷っぽい攻撃をうけてシンク死亡…。



いやいや、レベル高いのに即死って攻撃力おかしいでしょΣ( ̄□ ̄;)



びくびくしながらケイトで回避しながら戦うのですが、こちらもあっけなく死亡。
残すはレベル10程度のエースのみ。
あっさり倒されて全滅…



と思いきやまさかのバハムート零式登場!



あ、これイベントバトルだったんですね(^^ゞ

バハムートはメガフレアをひったすら打ち続け
とどめにテラフレアを撃つだけの簡単なお仕事でした。

次は3人の方かと思っていると、まさかの第五章終了。
え、作戦のまま第六章ですかΣ( ̄□ ̄;)
ちょっと驚きながらも次回へ続きます。





以上! したらな!!

| FF零式 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第四章「最後の女王、烏有に帰す」

とんぼです(●)´`・)

第三章は敵地での停戦により終了したため、第四章では白虎での自由時間。
いがみあっていた敵同士ということもあり
停戦条約だけでは気持ちを整理することができず
白虎の人たちは敵意むき出し。

0組の仲間などに適当に話しかけると時間も過ぎ、作戦へ。
コンコルディアの女王暗殺の疑いをかけられ逃げることに。

逃げるときには番外者アッカドとかいう
バイオハザードの追跡者みたいなのもいました。
ほとんどの敵は、スクエニメンバーズ連携で手に入れた武器で殲滅できますが
中にはそうでもない敵がいます。

でもなにはともあれさくさくと物語は進み、いよいよ次からは第五章です。

以上! したらな!!!

| FF零式 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第三章「大量破壊兵器の時代」

とんぼです(●)´`・)

第三章突入です。
この章での作戦は二つのみ。
はりきって攻略していきたいと思います。



■イスカ潜入指令

地下水路に潜入し、動力制御装置に魔晶石を設置して破壊する指令。
潜入とは言ってもおおっぴらにがんがん戦ってOKなので安心です(o´ω`o)

スクエニメンバーズ連動により
シンクとレムが攻撃力50↑のEXP2倍武器をもっていることに加え
レベルも30↑と強くてニューゲーム状態なので、道中さくさく進みます。
体験版配信特典のザイドリッツを装備しているので
HPも大量なので、事故死の心配も少なめですw

特に大きな苦労もなくクリアしました。



■魔導アーマー破壊指令

破壊指令と言いつつも、内容は潜入任務。
スニーキングミッションスタートです。
この見つからない系のミッション、どきどきして苦手なんですよね。
途中、警報を鳴らされる前に制圧するS.O.があるのですが
どれ一つとして成功せず…かんぜんに潜入ではなく殲滅ですw

途中、白虎甲型ルシ・ニンブスによる初見殺しを受けながらも
無事に最深部まで辿り着き、ブリューナクとのボス戦。
いまいち戦い方が分からないのですが
やたらと突っ込むNPCがどんどんやられていくなか、なんとか撃破。

その後、ニンブスから逃げるイベント発生なのですが
赤S.O.でニンブスに30回攻撃を当てろという任務がくるので
がんばって戦ってみたのですが、あっけなく全滅。
すると、緊急放送で「停戦します」と急展開。
ここで第三章終了です。



だいぶ操作も慣れてきて普通に戦えるようになってきたので
過去の作戦のSランククリアと未クリアの赤S.O.も消化しようかなと思います。

以上! したらな!!

| FF零式 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。