PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入居者宅見学会②

とんぼです(●)´`・)

契約後打合せ④の後に、続けて入居者宅見学会に行ってきました。
前回の見学会とは違い、家の契約も終わり図面の検討をしているので
「何か参考にできることがないか?」と以前とまた違った気持ちで見学しました。



■参考になったこと
 ・寝室の照明をダウンライトにすると、ベッド付近にスイッチが必要。
 ・納戸の窓は死にスペースになりやすい。
 ・吹抜けに面する部屋の壁は室内窓のような間仕切りにするとLDKの暖かさが入る。
 ・反面、室内窓は防音効果は弱いので、良くも悪くもLDKの音が伝わる。
 ・アルミのアクリル戸は光が入ると指紋が目立つ。
 ・キッチンの人工大理石は思った以上に丈夫で変色も少なさそう。
 ・ダウンライトのスイッチは細かく分けた方がよい。


玄関からリビングに入っての第一声は「広い…」でした。
1Fはできる限り広いLDKにしたいという施主さんの意向で
お風呂を2階にもってくるなどしてスペースを確保しているとのことでした。
また、大壁仕様で壁が真っ白なのも空間を広く見せる技なのかなと感じました。

寝室照明はダウンライトとスポットライトで、ベッドの近くにスイッチが…。
シーリングライトだとリモコンが使えますが
ダウンライトは使えないので、ベッド付近にスイッチがないと不便なんですね。
考えたこともなかったので参考になりました。

吹抜けに面する室内窓は、とんぼ家でも将来の間仕切りとして考えているので
部屋が暖かいなど、やって良かった情報が入り、ほっと一安心ですw

LDKの窓から庭を見るとバルコニー下のブランコ、広いウッドデッキ、芝生が見えます。
とても素敵な空間で、施主さんが手をかけていることが伝わってきました。

家族と過ごす大切な空間だからこそ
様々なところに手をかけて大切に手入れしながら
長い間住むことができるようにしないとですね。

| 家づくり | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入居者宅見学会①

とんぼです(●)´`・)

やっぱり家を建てるに辺り、他の人の家を見るのは参考になります。
モデルハウスも参考にはなりますが生活感は薄いですもんね(^^ゞ
実はこの記事に書いている入居者宅見学会は
かなーり昔に行ったものなので、うろ覚えで書いていますのでご了承ください。



■参考になったこと
 ・窓の二面開放はプライバシーを保つため、2Fのみとする。
 ・バーチカルブラインドはパタパタを風に揺られ音がうるさい(カーテン業者談)。
 ・以上の対策のため、窓をよく開ける1Fは普通のカーテンにするとよい。
 ・建具は高いので、天井や壁に補強だけ入れてもらい自分で施工もあり。
 ・多少部屋が狭くなってもウッドデッキ・庇は1間あった方がよい。



まだ、この見学会に参加した時は土地が決まる前だったので
「土地と建物、それぞれにいくらぐらいの予算を設定しました?」
なんて答えにくいことを質問していた記憶があります。

木の家のような窓が大きい家というのは外とのつながりが強く
広く感じられる分、プライバシーを保つのは難しいと思います。
そういった面で、窓の二面開放を2Fのみにするのはなるほどなと思いました。

それにしても「隣の芝生は青い」とはよく言ったもので
人のお宅はそれぞれの家にこだわりがあって本当に良く見えます。
土地に関しても「よくこんな良い場所見つけられたなΣ( ̄□ ̄;)」
とうらやましく思ったのを覚えています。

自分が建てる家も、他の人から「いいな」と思われる家でありたいですね(o´ω`o)

| 家づくり | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

契約後打合せ④

とんぼです(●)´`・)

気がつけばもう4回目の打合せです。
打合せを終える度に、家を建てる実感がわいてきてわくわくします(o´ω`o)
今回は電気配線…コンセント・LAN、スイッチ、照明を決めていきます。
以下、打合せのまとめです。



■間取りについて
・土間収納の天井補強がシェルフを置くにあたり、少し足りないので追加。
・2Fトイレ配管スペースを1Fトイレ横収納→畳コーナーの収納に変更。
・1Fリビングの小窓の位置を北東側に少し移動。
・2FのWICの中に小窓が設定されていたので撤去。


■コンセント・LANについて
基本的には設計士さんの提案通りですが、いくつか変更を…。

・キッチン背面収納の部分を少し変更。高さもFL+1500、+1100に。
・リビングのソファに干渉しているコンセントを少し移動。
・畳コーナー収納内のコンセントを分割して、FL+250とFL+1100程度に。
・WIC内の枕棚と床に近い所の2か所にコンセントを追加。
・2Fのフリースペースを将来仕切ることを考え、2か所コンセント追加。
・建物外部に外部コンセントを2か所追加。


■スイッチについて
こちらも基本的には設計士さんの提案通りですが、動線を考えていくつか追加。

・給湯、インターホンなどが集中する場所はニッチを設けてその中にスイッチ配置。
・ダイニングの照明スイッチを給湯、インターホン付近にも追加。
・2Fフリースペースの証明を寝室に入る時に消せるようにスイッチ追加。


■照明について
なんと設計士さんが『高木英敏の美しい住まいのあかり』を持ってました!
ダウンライトを中心に解説している本なのですが
納得させられること、参考になることがたくさんあって
家を建てる時にはもう一度読みたいと思っていたところでした。
本の話で少し盛り上がりました(*^^)

・キッチン背面収納にダウンライトを2個追加。
・畳コーナー収納内にダウンライトを2個追加。
・ダイニングテーブルの上をダウンライト→ペンダントライトに変更。

うーん…少ない気がするのですが、それぐらいでちょうどいいのかな?



電気配線は本当に難しいです。
「これでいい!」と思って設計するわけですが
「こうしておけばよかった!」と後悔している方が多いように感じます。

収納家具などと干渉してコンセントが使えない!なんて自体も起きるので
ユニットシェルフのシミュレーションをしておいて良かったです^^

現状ではいいかなと思っているので
何日かして頭の中をリセットしてから
再度、暮らしの動線をイメージして図面を見直したいと思います。

| 家づくり | 00:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

整理収納のアイデアをもらうはずが…

とんぼです(●)´`・)

現在、無印良品ではインテリア大受注祭が行われています。
とんぼのマイホームが建つ頃には終わっているのですが
せっかくの機会なので、無料のインテリア相談会に行ってきました。

無印良品で家を建てるので、モジュールの合った無印の収納家具を使いたい!
ユニットシェルフやスタッキングシェルフ等の上手な使い方を
整理収納アドバイザーにぜひぜひ教えてもらおうと期待大でした(o´ω`o)





…が、担当の方に恵まれずに期待していたものとはほど遠い相談会に。

同じ無印良品ということで、寸法の入った図面を見せているのに
やたらめったら時間をかけて定規で測る…。
これはなんか嫌な予感がするぞと思いながらも
とりあえずは現時点での構想をお話ししてアドバイスをもらおうと

「ここは○○を収納するので、こんなシェルフを置きたい。」

などと伝えると

「では、一度シミュレーションしてきますね。」

と、言われて待つこと30分(体感時間なので正確ではない)…。





「お待たせしました!」

と持ってきたもらったシミュレーションの図面を見てびっくり。










これ、ネットで自分でもできるシミュレーションなんですけどーΣ( ̄□ ̄;)










とりあえず新しいアドバイスやアイデアをもらおうと話を進めるのですが

「突っ張り棒はどのぐらいの高さからあるんですか?」
「棚と棚の間は何cmですか?」

などと質問すると、少々お待ちくださいと担当者がカタログを必死で探したり
知っている人に聞きに行くのか、どこかへ消えていって10分ほど帰ってこないとか…。
しかも、こちらの案に対してアドバイスも何もなく、何が相談?という感じ。

そもそもこちらの構想したシェルフをそのまま配置して値段を記載しているだけ。
相談会でもなんでもなく、ただの見積もりですよ、これ。
期待していただけに、残念な気持ちが強いです。





その後、家に帰り自分でユニットシェルフシミュレーションを少しいじると
待たされた時間の1/3もかからず、シミュレーション完了。
…時間を返して欲しいです(_ _|||)

| 家づくり | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

契約後打合せ③

とんぼです(●)´`・)

前回の打合せより1週間。
間取りはだいぶ固まってきたので、今回こそ外装・内装についてです。
かなり細かな所まで決めていきました。
簡単にまとめです。



■間取りについて
 前回に打ち合わせた内容から大きな変更なし。
 改めて見て良いなとか思っていましたw


■外装について
 ・外壁…Fレイクブルーメタリック。
 ・サッシ…内側は塗り壁の色と合わせてホワイト。外側はピュアシルバー。
 ・玄関ドア…木目調のキャラメルチーク。ハンドルはムジオリジナル。

正直、外壁はモスグリーンと悩んでいるんですよね(^^ゞ
「基礎着工までなら変更可能ですよ。」
と言っていただけたので、とりあえずブルーにしておきました。

玄関ドアはサッシの色と合わせてピュアシルバーにしようかと思いましたが
悩んだ末に、ウッドデッキの色と近い木目調のキャラメルチークに。
ただオールドパインやハニーチェリーと言った淡い木目調も素敵だったんですよね。
目の前にすると色々と悩みます。


■内装について
 構造材…クリア塗装。
 窓枠縁、枠材、幅木…クリア塗装。
 内壁仕上…真壁使用でAEPの白塗装。ただし水回りはクロス。
 床材…孟宋竹。

真壁使用でも大壁使用に近づけて構造材などをホワイト塗装する方もいるようです。
実は、そうやっている方の木の家を入居者見学会で見たのですが
我が家の意見では、クリア塗装の方が味があっていいかなという結論に。

内壁については、水回りに塗り壁だとシミが気になるかなということでクロスに。
そもそも水回りは構造材が濡れないように大壁使用にするみたいで
結果的にはクロスで問題なしです。

床材はブラックチェリーと孟宋竹で悩みましたが、最終的には孟宋竹に。
とんぼが打合せをしているモデルハウスさんでは孟宋竹は初めてみたいです。
ちなみに、ブラックチェリーだと必殺減額テクがあるみたいなので
どうしても予算を削る必要があったら、変更します!w



大まかには以上の感じで打合せしてきました。

実際には、床材を張る向きだとか腰壁の上の構造材の色だとか
建具の色だとか細かな部分まで決めてきたのですが
書き始めるとキリがないので最小限にまとめました。

予算変動についても、一度見積もりを出してもらいましたが
減額方向で来ているのでとりあえずホッとしました。
でも一部のガラスをLow-eや防犯に変更した分が見積もりに反映されていなかったので
まだまだ油断はできないです(´▽`;)

その後に家に帰ってから間取りを再確認すると
透明ガラスかカスミガラスかの凡例が入っていない窓や
WICの中になぜか窓が入っていた(前回プランのを変更し忘れている)ので
次回打合せの時にお伝えしようと思います。

ちなみに、できたら8月中に引っ越しできたらなと思い
現在6月上旬に基礎着工の予定を5月中旬にならないかなとご相談すると
申請書類を急がせればなんとかなりそうとのこと。
まぁ、実際はどうなるか分かりませんが
作業などが雑にならない範囲で着工を早められたらいいなと思います。

土地決済までに決めておくことが山ほどで
これからは週1ペースの打ち合わせになりそうです。
次回は電気配線関係の打合せ。
全棟温熱シミュレーション「+AIR」用の宿題も預かったので
しっかりと家族会議をして、次回に臨みたいと思います(・∀・)

| 家づくり | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。