PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第二章「朱雀の旗が立つとき」

とんぼです(●)´`・)

いよいよこの章より物語本編がスタート。
朱雀の候補生たちが戦争に介入に奪われた領地を取り戻します。

この候補生っていうのがよく分からないので色々とググったのですが
どうも朱雀に住む人たちは未成年の時に魔法力が高く
大人になるに連れて魔法力が失われていくという設定があるみたい。
そのため朱雀軍より、候補生の方がよっぽど強いみたいです。

そしてこの候補生は「アギト候補生」というのが本来の呼び名であるようで
「アギト=救い」ということからいわゆる「救世主候補」という意味合いのようです。

そしてこの零式の世界…朱雀では、死んだ人は記憶から失われてしまうとのこと。
どうも、死んだ人にとらわれないようにという朱雀クリスタルの配慮みたいです。
ただ、そうすると誰が死んだか分からなくなるので
「ノーウィンタグ」というのを出撃前に残し、戦いが終わった後に受け取る。
その際に誰も受け取らなかったノーウィンタグの持ち主はなくなったと
いうようにとらえるようです。

むー…なんか不思議な設定です。

作戦としては、ワールドマップ上で戦い街を制圧していく「制圧戦」に初チャレ。
よく分かってないうちにじゃんじゃんと攻撃し
いつの間にか勝利していましたw

第二章のラストミッション「トゴレス要塞攻略戦」では
敵のゴーレムに苦戦したり、軍神呼んで自ら死んだりなどしながら進みました。

ボスは高機動魔導アーマーを操縦するカトル准将。
やったら動きが早く、基本的にはオーバーヒートしてできる
ブレイクサイトを狙っていく感じ。
なっかなか難しかったです(´▽`;)

以上! したらな!!
スポンサーサイト

| FF零式 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://libelulahome.blog52.fc2.com/tb.php/147-133929e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。