| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

所有権保存登記+α。

どうも、とんぼです(●)´`・)


今回は久しぶりに家づくりのこと。


建物表題登記になかなか手こずったのと


「保存登記はうちの司法書士もお手伝いします。」


的なことを銀行が言っていたので
指示待ちで時間がかかったのですが
所有権保存登記と+αの登記名義人表示変更登記に行ってきました。


ちなみに、お金が発生するので
銀行の司法書士は手伝えないとのことでした。


いや、きっとそうだと思うから早めに連絡欲しかったよ(_ _|||)


ちなみにそれぞれの登記の意味のおさらい。






★所有権保存登記★


建物表題登記が「土地に建物が建ちましたよ。」的な意味合いに対し
保存登記は「建物は○○さんの物ですよ。」という登録な感じ。


表示登記にはお金が発生しないのですが
保存登記には登録免許税がかかります。






★登記名義人表示変更登記★


土地と建物を別々に購入した場合
ほとんどの場合は、土地だけ先に購入し建物を後で建てることになります。
そのとき、土地の取得は前住所なので
登記に載っている所有者の住所は前住所になります。
その住所変更をすることがこの登記です。


住所変更だけなのに、料金が発生するんですよね。
厄介極まりない。






ちなみに保存登記に必要だった書類は…


 ・登記申請書
 ・住所証明書(住民票)
 ・減税証明書(住宅用家屋証明書)


以上の三つに登録免許税納付用台紙に免許税分の印紙を貼りつければOK。


図面が必要だった表題登記に比べればずいぶん楽です。
住民票も表題登記で使ったものを原本還付しておけば
新たに取得する必要もないですしね。


ちなみに減税証明書だけは少し厄介。
これは法務局では取得できず、おそらく役所になります。


こちらの申請にも住民票や表題登記の完了証
さらに長期優良住宅などの場合は、その証明書が必要です。


この住宅用家屋証明書を出すことにより
保存登記にかかる登録免許税が4/1000 → 1.5/1000になります。
(ちなみに長期優良住宅だろ1/1000です!)


ちなみに建物の評価額なども申請書に記載しないといけないのですが
新築物件の場合、まだ評価額が決定していないので
法務局で教えてくれる計算式に従って計算します。


たしか木造とか鉄骨とかで評価額がとりあえず決まり
それに床面積を掛ける感じだったと思いますが
この辺りは法務局の指示に従う感じですね。


ちなみにとんぼの家の登録免許税は8,900円でした。


住宅用家屋証明書で1,300円必要だったとはいえ
表題登記・保存登記でかかった費用はこの二つの合計と住民票の200円
他に表題登記の図面を描くために必要だったペンとスケール
そのほか忘れている物を合わせても20,000円弱といったところ。


これを司法書士に頼むと20万円かかるっていうんだから
なんだかなー!って感じもしますね(´▽`;)


ちなみに登記名義人表示変更登記も住民票代と申請の料金を合わせても
1,000円程度なのですが、司法書士に頼むと8,000円です。


んー、司法書士って儲かりそうだなーw(←素人考えww)






何はともあれ、登記関係で自分ができる申請は全て終わりました!


あとは不備がなく無事に完了証ができてくるのを祈るばかりです。
スポンサーサイト

| 家づくり | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土地決済

とんぼです(●)´`・)

土地の契約をし、手付金を支払って早くも一月。
ついに土地の決済の日がやってきました。

とは言っても、登記などが終わらないと
「あなたの土地になりました!」というような証明書はもらえないし
形のあるものをもらえるわけではないので、実感は薄いです。

そして、通帳を見ると住宅ローンによって
多額のお金が入金され、そして土地決済により多額のお金が出金されるのですが
これまた実感は薄い(^^ゞ

きっと着工するまではこんな感じなんでしょうね。

なにはともあれ、これで土地がとんぼのものとなり
地盤調査に入ることもできます。
…地盤硬くて、地盤補強がないといいなと祈るばかりです。

| 家づくり | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

契約後打合せ⑤

とんぼです(●)´`・)

5回目の契約後打合せの備忘録です。
回数だけ見ると、たくさんやっているなという感じはしますが
自分の家を建てる話なせいか苦にならないのが不思議です。
むしろ建ててから後悔しないように、しっかりと考え抜いておきたいところです。

以下、打合せのまとめです。



■電気配線について
以前の打合せより、気付いた点や変更したい点はメールで送って伝えていました。
そのため打合せもスムーズ。

コンセントについては、普段の生活を見直してみると
壁際にあると家具などで使えなくなる可能性が高いのではないかと思いました。
なので壁際より60~90cm程度離す or 窓の下に配置するように変更しました。
これが吉と出るか凶と出るか…。

照明については、以前の配置について思うところがありましたが
パナソニックのあかりプランに出していただいていたので
メールではなく、今回の打合せでその結果を見てからということに。
しかし、パナソニックあかりプランはどうも照明の種類の提案のみなようで
実際に照明位置などは考えてくれないようです。

パナソニックのHPには位置も考えてくれるような感じなのに(´・ω・`;)
もしかしたら、無印良品の家経由なのでそういった提案のみになったのかもしれません。
後日、時間があればパナソニックのショールームにでも行って聞いてみます。

あかりプランが期待していたものと違ったので
いくつか照明で気になる点をご相談。

・土間収納のDLを増やす。
・キッチンの通路のダウンライト(以下、DL)を減らす。
・キッチン背面収納、キッチン上のDLを増やす。
・洗面所のDLの位置を部屋の中心に変更。
・畳コーナーの収納のDLの位置を変更。
・畳コーナー上のDLを吹抜けや天井の形を踏まえて移動、追加。
・ダイニングテーブル上を配線ダクトからDL+引掛シーリングの組み合わせに変更。

最後の二つは完全に『高木英敏の美しい住まいのあかり』の受け売りです。
天井のイメージを持ちながら色々とお伝えしましたが
木の家は梁が見えることもあり、照明だけでなく梁との兼ね合いを含めて
照明計画を考えなければいけないので、なかなか難しいです。
今後も要検討です。


■敷地の使い方について
土地の測量が終わったので、敷地の使い方も検討することになりました。
思ったより敷地内が道路より高い位置にあり
なだらかに法面にして外構を作る予定でしたが
それだと無駄が多くなるために、ブロックを積むことになりました。
もともと外構予算をほとんど考えていなかっただけにより不安に(_ _|||)

以前より敷地の使い方イメージは伝えていたので
設計士さんが作った敷地案からほとんど変更することなくいくことにしました。

ただ気になるのはインターホンやポストなどの位置。
とりあえず外壁付けにしようかな?と話していましたが
以前にLIXILで見た機能門柱を上手く使ってもいいのかなと打合せ後に思いました。

ただ、こちらも話しているだけではあまりイメージがもてず
とりあえず現状の案でパースを作っていただいてから考えることにしました。


■内装について
・玄関ドアの取っ手を無印オリジナルからストレートハンドルに変更。
・トイレのホルダーはカワジュン、タオルかけは無印オリジナル。
・洗面所のバスタオルかけは無印オリジナル。マット干し用に二つつける。
・スイッチは木の家標準のもの。

トイレのトイレットペーパーホルダーは無印オリジナルはふたがないんですよね(^^ゞ
ふたが欲しいので、デザインが近いカワジュン製のものを採用。

そしてスイッチは木の家標準のものに。
プレートに名称が入るので見ただけで分かるので良い感じです。

ちなみに玄関取っ手は無印オリジナルが安っぽく感じたので、ストレートハンドルに。
ただ、ドアがキャラメルチークの木目調なのですが
ちょっと色が濃すぎたので、オールドパインの方がいいかと悩みだしました。
実物をどこかで見れると良いんですが…。

| 家づくり | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更地になりました

とんぼです(●)´`・)

家を建てるために購入した土地は、上物有りの物件でした。
ただし、条件があり「更地引き渡し」です。
つまりは上物の解体費用はタダ(o´ω`o)
土地を購入するのと全く変わらない魅力的な物件でした。

住宅ローンも無事OKがもらえたため
早速上物の解体作業に入っていただいていました。

解体作業より数日。
無事に解体が終わったとの連絡が入りました。
解体後の状況を売主さんと共に確認してほしいと
不動産会社より連絡があったので、土地の現況確認に行ってきました。





もうキレイさっぱり更地でした。





現況確認では境界杭を中心に確認。
素人なので、詳しくはありませんが全て問題ないように見えました。

ただ、隣家の木の葉っぱが伸びて、空中ではあるが敷地内に入っていたり
隣家の木の根っこが伸びて、敷地内に入っていたりする点が少し気になりました。

不動産会社に確認してみると
「りんご」と「たけのこ」の例を話してくれました。

法律上の話ですが
土地を越境している「りんご」は勝手にとってはいけないが
「たけのこ」はとってもよい。
ざっくり理解すると、空中はNGで地中はOKのようです。

しかし、法律には心が通っておらず、あくまで決まりごと。
正しいからといって強行するとトラブルのもとになるので
隣家の人にお声掛けはしたほうがとアドバイスいただきました。

とりあえずは、これで上物がなくなり土地の様子がはっきりしてきました。
売主さんのご厚意で、引き渡し前に測量もさせていただけるとのことなので
次回打合せで土地の使い方などがはっきりしてくるようです。

とんぼ家の家づくりにおいて最も不安な点は
外構工事分の予算をほとんど当てていないこと。

測量が終わることで外構のイメージもはっきりしてくるので
どれぐらい予算が必要かも分かってきます。
この外構予算により家の中の設備なども再検討しなくてはいけないかも…。

次回の打合せ、どきどきです(・∀・)

| 家づくり | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電気配線図見直し中

とんぼです(●)´`・)

前回の打合せ以降、電気配線とにらめっこしています。

入居者見学会の施主さんや建築士さんは
「どれだけスイッチ類を考えても、実際に住み始めると後悔がある。」
ということを話していました。





でも、なんかそれって悔しいじゃないですか(´・ω・`;)





なので、必死になって実際に暮らしている妄想をして
イメージを膨らませてスイッチ類の変更・追加を考えています。

まぁ、最終的には「ないと困るけど、あって使わないは困らない。」
といったようなスタンスなんですけどねw





あとは照明!

これがまた難しい。
ダウンライト中心の照明計画なのですが
一つでどれぐらいの明るさなのかというイメージがもちにくいんですよね。

『高木英敏の美しい住まいのあかり』という本を参考にしながら
こちらもまた必死になって考えに考え抜いてます。





こうやって色々考えていると
家を建てるって大変だ…とは思いますが
自分の思い通りの家になっていく過程は楽しくもあります。
注文住宅だからこそできる醍醐味ですね(o´ω`o)

| 家づくり | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。